徳川時代初期の若者.長く続いた戦から抜け出して人々は楽しみと贅沢に自らの喜びを表出した.その時代<1600−1700年>の衣服は多数の色の模様と高価な刺繍があり特に華美である/(A youth of the early Tokugawa period. Emerging from long continued wars, the people gave vent to their joy in pleasure and luxury. The costumes of that date (1600-1700) are peculiarly gorgeous, with large color patterns and rich embroideries.)
  • TOP
  • 徳川時代初期の若者.長く続いた戦から抜け出して人々は楽しみと贅沢に自らの喜びを表出した.その時代<1600−1700年>の衣服は多数の色の模様と高価な刺繍があり特に華美である/(A youth of the early Tokugawa period. Emerging from long continued wars, the people gave vent to their joy in pleasure and luxury. The costumes of that date (1600-1700) are peculiarly gorgeous, with large color patterns and rich embroideries.)

徳川時代初期の若者.長く続いた戦から抜け出して人々は楽しみと贅沢に自らの喜びを表出した.その時代<1600−1700年>の衣服は多数の色の模様と高価な刺繍があり特に華美である/(A youth of the early Tokugawa period. Emerging from long continued wars, the people gave vent to their joy in pleasure and luxury. The costumes of that date (1600-1700) are peculiarly gorgeous, with large color patterns and rich embroideries.)

line01

関連画像(同一掲載書の他の画像)

全18枚のうち9-16枚を表示 (全3ページ)

鎌倉時代の狩の服.13世紀に始まり14世紀後半で終わるこの時代は封建権力の起こりと藤原の柔弱に対する反動によって特徴づけられる.軍事的な競技と運動競技がその時代の流行だった.袍は捨てられ,シタタレ(直垂)<文字通り下着>すなわち軍事階級(武家)の ...

鎌倉時代の女の踊り子(白拍子).雄々しい行動と軍事的装備の愛好で当時の歌手と女優は男舞すなわち男踊りと呼ばれることを喜んだ.彼女は男の帽子(烏帽子)と衣服<水干>と刀をつける.長く裾を引くスカート(袴)だけが彼女の性に特有である

足利時代の封建君主.14世紀終わりに始まり16世紀半ばに及ぶ... 彼の礼服は狩衣すなわち藤原時代の袍の変形でありそれ以前には旅に使われるだけであったが今日軍人階級(武家)の礼服になった.その特色は必要なときにきつく留めるために袖口につけられた紐である

説法している禅宗の僧.この宗派は足利の統治者に特に好まれた.見事な錦でできた仏教の袈裟が大きな象牙の輪によって彼の肩から吊される.彼は手の中に水晶の数珠と<魂の塵を洗い清めるための>払子とを持つ

能.これは豊臣時代に頂点に達した演技の一種である.太閤秀吉の強い個性が先頭に立っていたこの短い時代,1570年から1600年の間は足利将軍の地味な隠遁趣味とは著しい対比で華々しい軍事宮廷によって特徴づけられた.今問題にしているこの一枚は三条小鍛冶 ...

徳川時代初期の若者.長く続いた戦から抜け出して人々は楽しみと贅沢に自らの喜びを表出した.その時代<1600−1700年>の衣服は多数の色の模様と高価な刺繍があり特に華美である

徳川時代の侍.彼は自分の家にいる.彼は袖のないシタタレ(直垂)である裃を着ている.示されているように髪を結うことと口ひげを帯びることもまた特徴である.矢で作られた衝立,弓のための台,鉄砲,巨大な矢筒,すべてその時代のものである

髪置.髪置<文字通り髪に置くこと>は徳川時代中期<1700−1800年>の儀式だった.その儀式は長寿の願いのしるしに男の子には3歳で女の子には2歳で子どもの頭の上に亜麻でできた長い人造の白髪を乗せることにある.松と常緑植物の小枝が髪に絡ませられた ...

  • 被写体

    徳川時代初期の若者.長く続いた戦から抜け出して人々は楽しみと贅沢に自らの喜びを表出した.その時代<1600−1700年>の衣服は多数の色の模様と高価な刺繍があり特に華美である/(A youth of the early Tokugawa period. Emerging from long continued wars, the people gave vent to their joy in pleasure and luxury. The costumes of that date (1600-1700) are peculiarly gorgeous, with large color patterns and rich embroideries.)

  • 注記

  • 掲載書名

    維新前の日本の衣服

  • 編集者名

    オガワ カズマサ ( 小川 一眞 )/(Ogawa, Kazumasa, 1860-1929)

  • 年代

    [1895]

  • 請求番号

    YP/3/Og

  • 図書ID

    000020628

  • GID

    GJ008014

  • PhotoCD no.

    92084

印刷する

Web OPEC